治療費用について

費用についてのご相談にも対応します

費用についてのご相談にも対応します

世田谷区の歯医者「用賀駅東口歯科」では、保険診療・自費診療を問わず、費用についてのご相談に対応しています。こちらでは、当院の治療費用についてご紹介します。詳細については、一人ひとりの症状や治療法によって異なりますので、参考にしていただければ幸いです。

※料金はすべて税別となっています。

インプラント治療

CT撮影(診査・診断) 15,000円
インプラント埋入オペ 200,000円
インプラント2次オペ&アバットメント&仮歯 80,000円

入れ歯

金属床 500,000円
レジン床陶歯 150,000円
ノンクラスプデンチャー(一装置) 100,000円

審美治療(審美修復治療)

【クラウン形態】  
ジルコニアセラミック 120,000円
フルジルコニア 80,000円
オールセラミック 100,000円
メタルセラミック 130,000円
ゴールド 80,000円
保険クラウン(銀歯) 3,000円~5,000円
【インレー形態】  
プレスセラミック 50,000円
ハイブリッドセラミック 30,000円
ゴールド 60,000円~
保険インレー(銀歯) 2,000円~3,000円
【そのほかの治療】  
ラミネートベニア 100,000円

ホワイトニング

オフィスホワイトニング 30,000円
ホームホワイトニング 30,000円

矯正歯科

相談料 2,000円
精密検査(診断料込) 50,000円

子供の予防矯正治療

口腔機能育成(OFT) ※4歳~ 50,000円
混合歯列矯正(OFT含む) ※6~11歳頃 400,000円
永久歯列全体矯正 (ブラケット・インビザライン) 600,000円
永久歯列部分矯正 200,000円

一般矯正治療(クリアブラケット)

中・高生 800,000円
成人 850,000円
補綴や歯周病を含んだ症例 950,000円

見えない矯正治療

上が裏側・下が表側の装置 1,100,000円
上・下裏側の装置 1,200,000円
マウスピース矯正治療 1,200,000円

月決め調整料

動的治療中 5,000円
保定期間中 3,000円
便宜抜歯(1本) 10,000円

以上に消費税がかかります。精密検査費用は混合歯列開始時に永久歯列開始時にそれぞれ必要です。

医療費控除について

医療費控除について

インプラント治療などで費用が高額になった場合にも、「医療費控除」という制度を利用することで費用の負担を軽減することができます。

医療費控除とは、家計をともにする一家族が1年間(1月1日~12月31日)で10万円(その年の所得金額の合計が200万未満の場合は、その5%)を超える医療費を支払った場合に、確定申告を行うことで所得控除が受けられる制度です。

対象
  • 一般的に使用されている歯科素材を用いた歯科治療
  • 発育段階にある子どもの成長を阻害しないことを目的に行う、不正咬合の歯列矯正
    ※審美目的の歯列矯正は対象外
  • 通院に利用した公共料金の交通費
    ※タクシー代、マイカーで通院した場合のガソリン代などは対象外
控除対象金額

[医療費の合計額]-[保険金などで補てんされる金額(※1)]-[10万円(※2)]=[医療費控除額(最高200万円)]

※1 入院費給付金、療養費など、生命保険・健康保険などで支給されるもの、出産一時金
※2 その年の所得金額の合計が200万円未満の場合、その5%

歯科ローン利用の場合 歯科ローンでは、患者さんが支払うべき治療費を信販会社が立て替え払いしている形になっているため、歯科ローンの契約が成立した年の医療費が控除の対象となります。なお歯科ローンを利用した場合、歯科医院から領収書は出ないケースがほとんどですので、医療費控除の手続きを行う際には、歯科ローン契約書の写しや、信販会社の領収書をご用意ください。
※金利および手数料相当分は、医療費控除の対象となりません。
手続き 医療費控除には、確定申告を行うことが必要です。毎年2月16日~3月15日までが申請期間となりますので、税務署に申請しましょう。なお申告は、過去5年間までさかのぼって行うことができます。
必要書類
  • 医療費控除に関する事項を記した確定申告書
  • 医療費・交通費支出の証明書類(領収書や利用した交通機関のメモなど)
  • 還付金を受け取る口座番号(本人名義)
  • 印鑑
  • 源泉徴収票の原本(給与所得がある場合)